Lightning Data Service の概要 (開発者プレビュー)

Lightning Data Service を使用すると、Apex コードを必要とせずに、コンポーネントでレコードの読み込み、作成、編集、削除ができます。Lightning Data Service は、共有ルールと項目レベルセキュリティを処理します。Apex を必要としないだけでなく、Lightning Data Service はパフォーマンスとユーザインターフェースの一貫性を改善します。
使用可能なエディション: Developer Edition

メモ

メモ

Lightning Data Service は、現在、開発者プレビューとして利用できます Lightning Data Service は、Salesforce がドキュメント、プレスリリース、または公式声明で正式リリースを発表しない限り、正式リリースされません。Lightning Data Service についてのフィードバックと提案は、IdeaExchange からお寄せください。

端的に言うと、Lightning Data Service は、Visualforce 標準コントローラの Lightning コンポーネントバージョンと考えることができます。こう言うと単純化しすぎですが、要点は伝わるでしょう。可能は場合は常に、コンポーネントは Lightning Data Service を使用して、Salesforce データの参照と変更を行う必要があります。

Lightning Data Service を使用したデータアクセスは通常、サーバ側の Apex コントローラを使用した同等の処理よりも簡単です。参照のみアクセスは、コンポーネントのマークアップ内ですべて宣言型にできます。データを変更するコードの場合、コンポーネントの JavaScript コントローラはほぼ同じ量のコードになり、Apex をすべてなくすことができます。さらに、データアクセスコードのすべてがコンポーネントに統合され、複雑さが大幅に緩和されます。

Lightning Data Service には、コード以外にも利点があります。非常に効率のよいローカルストレージ上に構築されます。このローカルストレージはそれを使用するすべてのコンポーネントで共有されます。Lightning Data Service に読み込まれたレコードはキャッシュされ、コンポーネント間で共有されます。LDS アーキテクチャ同じレコードにアクセスするコンポーネントでは、パフォーマンスが大幅に改善されます。これはレコードが、それを使用するコンポーネントの数に関係なく 1 回だけ読み込まれるためです。共有レコードもユーザインターフェースの一貫性を高めます。あるコンポーネントがレコードを更新すると、そのレコードを使用する他のコンポーネントに通知され、ほとんどの場合は自動的に更新されます。