Salesforce CMS ワークスペースへのコンテンツのインポート

JSON ファイルの .zip アーカイブをアップロードして、画像、ニュース、ドキュメント、カスタムコンテンツタイプなどのコンテンツを Salesforce CMS のワークスペースにインポートします。外部ソースまたは CMS からコンテンツを転送したり、商品を強化させるために外部デジタルアセットマネージャ (DAM) から画像を一括インポートしたりできます。

対象: この変更は、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

対象ユーザ: コンテンツをインポートするには、その CMS ワークスペースでのコンテンツ管理者ロールを持っているか、Salesforce システム管理者である必要があります。

方法: JSON ファイルにコンテンツの詳細を入力して、ファイルの .zip アーカイブを作成します。次に、Salesforce CMS でワークスペースを開き、メニュードロップダウン (1) をクリックして [インポートの内容] (2) を選択し、アップロードする .zip ファイルを選択します。 ドロップダウンメニューと [インポートの内容] ボタンはページの中央右にあります。

コンテンツが Salesforce CMS に正常にインポートされると、それが CMS ワークスペースコンテンツリストに追加されます。ワークスペースタイトルタブのドロップダウンメニュー (1) をクリックして、[タブを更新] (2) を選択するとそれが表示されます。 更新タブはドロップダウンリストの先頭にあります。