スニペットを使用したキャンペーンメール間でのコンテンツの再利用

スニペットを使用すると、ユーザはコンテンツを再利用できます。会社で一連の Web セミナーまたは他の定期的なイベントを宣伝する場合、マーケティング担当者は同じようなプロモーションメールを数多く作成することが必要になる可能性があります。スニペットにより、テキスト、画像、リンクの堅牢なブロックを作成し、メールまたはメールテンプレートに取り込むことができます。次回変更を行うときは、スニペットを更新するだけで済みます。その変更はメールやメールテンプレートに継承されます。

対象: この変更は Pardot Lightning アプリケーションを使用するすべての Pardot エディションに適用されます。

理由: スニペットを作成したら、繰り返し使用できます。スニペットを作成するには、接続済みキャンペーンを開きます。[スニペットの割り当て] 関連リストから、スニペットの割り当てと新規スニペットレコードを作成します。そこから、エディタを使用して新しいスニペットコンテンツを入力します。

スニペットの編集モーダルに、[値] コンテンツ領域と [説明] を含む、複数の項目が表示されています。

スニペットを保存したら、[スニペット] タブで使用できるようになります。このタブでは、スニペットを編集または削除できます。次に、Handlebars Merge Language (HML) を使用して、スニペットをメールまたはメールテンプレートに取り込みます。スニペットは、HML 差し込み項目ピッカーで使用できます。

差し込み項目ピッカーモーダルが表示され、左ペインで [スニペット] が選択され、右側で関連付けられたスニペットのリストが選択されています。

方法: ユーザがスニペットを作成および管理できるようにするには、[スニペット] タブと関連リストをレコードページに追加します。[割り当て] 関連リストをスニペットレコードに、[スニペットの割り当て] 関連リストをキャンペーンに追加します。