カスタムメタデータ型への直接参照アクセスには「アプリケーションのカスタマイズ」権限が必要 (重要な更新)

「アプリケーションのカスタマイズ」権限のないユーザは、Salesforce が提供するさまざまな API を使用して、保護されていないカスタムメタデータ型を参照できます。「デフォルトでセキュア」なアプローチに従い、「アプリケーションのカスタマイズ」権限のないユーザの「参照」アクセスはこの更新で無効になります。この変更は、カスタムメタデータ型を直接参照する Visualforce ページと Lightning コンポーネントに影響します。カスタムメタデータ型については、システム管理者が特定のプロファイルまたは権限セットにアクセス権を明示的に付与することができます。

対象: この変更は、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、Developer Edition、Database.com Edition の Lightning Experience および Salesforce Classic に適用されます。Professional Edition 組織では、インストール済みパッケージの型のみのカスタムメタデータレコードを作成、編集、および削除できます。

時期: この重要な更新は、Spring '20 リリースで適用されます。

方法: プロファイルまたは権限セットにカスタムメタデータ型への参照アクセス権を付与する方法
  1. アクセス権の付与先のプロファイルまたは権限セットに移動します。
  2. [有効なカスタムメタデータ型アクセス] で、[編集] をクリックします。
  3. カスタムメタデータ型を [有効なカスタムメタデータ型] のリストに追加します。
Apex コードまたはシステムモードのコンテキスト以外でカスタムメタデータへの参照アクセス権を再度有効にする方法
  1. [設定] で、[スキーマ設定] に移動します。
  2. [カスタムメタデータへのアクセスを制限] をオフにします。
この重要な更新は Sandbox 内でテストすることをお勧めします。問題が発生した場合は、Salesforce カスタマーサポートまでご連絡ください。
メモ

メモ

この変更は、Apex またはシステムモードのコンテキストからのカスタムメタデータ型のアクセシビリティには影響しません。カスタム Apex コードを使用して取得したカスタムメタデータ型は、この更新後も引き続き機能します。