Lightning Knowledge: 複数言語組織、記事アクションの更新、ビデオサポート

複数言語組織は、Lightning Knowledge に移行できるようになりました。コンソールでケースを表示しているときに、著者はナレッジコンポーネントから記事を作成できます。また、ビデオによってリッチテキスト編集環境がさらに向上しました。著者はイベント監視を使用して誰が記事を参照しているのかを確認することもできます。この変更は Lightning Experience にのみ適用されます。
使用可能なインターフェース: Salesforce Classic、Lightning Experience

Salesforce ナレッジを使用可能なエディション: Performance Edition、Developer Edition、および Unlimited Edition (Service Cloud 付属)

有料オプションで Salesforce ナレッジを使用可能なエディション: Professional Edition、Enterprise Edition、および Unlimited Edition

メモ

メモ

Lightning Knowledge を有効にすると、組織のデータモデルが記事タイプではなくレコードタイプを使用するように変更されます。複数の記事タイプを使用する組織は、Lightning Knowledge を有効にする前に、データを移行して記事タイプを統合する必要があります。

重要: Lightning Knowledge は一度有効化すると、無効化できません。本番組織で有効にする前に Sandbox またはトライアル組織でテストしてください。