Lightning Experience での他のユーザのダッシュボード登録の追加

月曜日午前 8 時の営業ミーティングで営業パイプラインのプレゼンテーションを行っています。Sales Pipeline ダッシュボードの登録により、更新されたダッシュボードがメールで届いて確認する時間が十分にあるため、今週のプレゼンテーションの準備はできています。ただし、来週は不在の予定です。同僚が代理を引き受けることに同意しましたが、パイプラインのプレゼンテーションはどうすればよいでしょうか? 心配は無用です。ダッシュボードの登録者として他のユーザを追加できるようになりました。追加したすべてのユーザは、設定したスケジュールに従って更新されたダッシュボードをメールで受信します。

対象: これらの変更は、Group Edition、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

対象ユーザ: ダッシュボードに登録者を追加するには、「ダッシュボードへの登録: 受信者の追加」ユーザ権限が必要です。

理由: 他のユーザを登録者として追加することは、定期的に更新されたダッシュボードを共有するのに最適な方法です。指定したすべてのユーザは、毎日、毎週、または毎月、同時に同じ情報と視覚化データを受け取ります。

方法: [ダッシュボード] ページで、ダッシュボード名の横にある アクション矢印 をクリックし、[登録] を選択します(行レベルアクション矢印を表示するには、右へのスクロールが必要な場合があります)。または、ダッシュボードを開いて [登録] をクリックすることもできます。

登録スケジュールを設定したら、[ユーザを選択] をクリックして登録者を追加します。自分はデフォルトで選択されていますが、他のユーザを追加したり、必要に応じて自分を削除することもできます。追加する他のユーザは、ダッシュボードの参照アクセス権を持っている必要があります。

登録者を選択

ダッシュボードへの登録を準備するときは、次の考慮事項と割り当て数に注意してください。
  • 組織の各ユーザは最大 5 つのダッシュボードに登録できます。
  • 条件設定済みダッシュボードに登録できますが、ダッシュボード検索条件は、メールで送信されるダッシュボードに適用されません。
  • [ダッシュボードのプロパティ][次のユーザとしてダッシュボードを参照:] 設定でデータを [ダッシュボード閲覧者] として表示するように設定されているダッシュボードは、登録をサポートしません。このダッシュボードには登録できません。