メールスレッドでのすべての会話の確認

営業担当は、活動タイムラインに基づいて関連するメールを確認します。Einstein 活動キャプチャユーザに活動タイムラインの関連するメールが 1 つのスレッドにグループ化されて表示されるようになりました。会話としてメールがまとめて表示されることで、担当者はすべての会話を簡単に確認できます。

対象: この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、および Unlimited Edition の Lightning Experience に適用されます。

理由: 担当者は、メールスレッドでメールを見ることができます。

閉じたスレッドのメールメッセージ

活動タイムラインには、メールスレッドの返信数 (1、2、または 3+) が表示されます (1)。シェブロン (2) をクリックするとスレッドが開いてすべてのメールを見ることができます。

活動タイムラインメールスレッド

スレッドが開いたら、担当者は個別のメールを展開して、エンゲージメント情報や他のメールインサイトを見ることができます。
メモ

メモ

スレッドのメールで [返信]、[全員に返信]、または [転送] を使用するときには、メールをスケジュールすることはできません。

方法: Spring ’20 リリースを有効化した後に送信されるすべてのメールはスレッド化されます。既存ユーザに対する以前のメールはスレッド化されません。Spring ’20 以降のリリースで新しい Einstein 活動キャプチャユーザを有効化すると、そのユーザの既存のメールが検索されてスレッド化されます。