レポートプレビューの自動更新をオフにしてレポートの編集を迅速化 (正式リリース)

自動プレビュー更新をオフにすればレポートの編集を迅速化できます。オフにすると、編集するごとにプレビューが更新されるのを待つことなく、複数の編集を行うことができます。データをプレビューする準備ができたら、手動でレポートのプレビューを更新します。または、自動プレビューをオンのままにすれば、編集するごとにサンプルレコードが返されます。

対象: この変更は、Group Edition、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

方法: 自動プレビュー更新のオン/オフを切り替えるには、[プレビューを自動的に更新] のオン/オフを切り替えます。オンの場合は、レポートに編集を行うたびに、レポートプレビューが自動的に更新されます。オフの場合は、最新の編集をプレビューに表示するかどうかと、プレビューを更新するオプションを示すメッセージが表示されます。最近の編集を非表示にした場合は、プレビューがグレー表示になります。

古くなったデータを更新するには、[更新] (1) をクリックします。

レポート結果に含まれる個別の取引先数を示すユニーク数

プレビューが再読み込みされ、編集内容が表示されます。

レポート結果に含まれる個別の取引先数を示すユニーク数

レポート実行ページに [プレビューを自動的に更新] の切り替えの影響はありません。