コミュニティ: コミュニティのレポートビルダー、ExperienceBundle、強化されたセキュリティ、チャネルメニュー

パートナーと顧客はコミュニティおよびポータルでレポートの作成と実行ができるようになりました。ExperienceBundle メタデータ型を使用すると、お気に入りの開発ツールを使用して、Lightning コミュニティの更新とリリースをプログラムですばやく実行できます。セキュリティのさまざまな機能強化によってデータを安全に維持できます。Service Cloud のチャネルメニューを使用して、サービスエージェントがさまざまなチャネルで顧客に連絡できるようにします。Lightning コミュニティの利用者をプログラムで作成および変更します。
ヒント

ヒント

今日の Salesforce には多数の Lightning (Lightning Experience、Lightning フレームワーク、Lightning Web コンポーネント) が存在しており、各々のコミュニティへの適用方法を理解するのは難しいかもしれません。概要は次のとおりです。

Lightning コミュニティは、Lightning Experience と同様、Lightning プラットフォームと Lightning コンポーネントを基盤としています。ただし、これらを使用するために Lightning Experience を有効にする必要はありません。

また、コミュニティユーザに影響する変更については、リリースノートの「Lightning コンポーネント」セクションを参照してください。