Lightning Experience での URL パラメータを介したレポートの絞り込み

検索条件に時間をかける必要はありません。URL パラメータを渡して Lightning Experience レポートの検索条件値を設定できます。レポートへのリンクやレポートのブックマークを行うときに、URL に検索条件値パラメータを追加して、レポートが開くときに絞り込まれる方法をカスタマイズします。たとえば、商談レポートをブックマークし、新規ビジネス既存のビジネス のどちらが表示されるかを指定する検索条件値パラメータを追加します。これは、Lightning Experience の新機能です。

ユーザは 1 日に何回も商談レポートを確認します。そして、レポートを開いた後には常に [新規ビジネス] または [既存のビジネス] を表示するように検索条件を編集します。(デフォルトでは [種別] 条件には、[新規ビジネス] と [既存のビジネス] の両方が含まれています。)

検索条件値の URL パラメータがないレポート

レポートを読み込み、検索条件を編集し、レポートを再読み込みする代わりに 2 つのブックマークを作成できます。1 つは検索条件値パラメータに「新規ビジネス」を設定したのもので、もう 1 つは検索条件値パラメータに「既存のビジネス」を設定したのものです。商談レポートの URL を見てみましょう。

https://na1.salesforce.com/one/one.app#/sObject/00OR0000000PCHYMA4/view?t=1479844235107

URL を編集して [種別] 検索条件値を「新規ビジネス」に設定するように、パラメータ &fv0=New%20Business を追加します。ブックマークされた完全な URL は次のようになります。

https://na1.salesforce.com/one/one.app#/sObject/00OR0000000PCHYMA4/view?t=1479844235107&fv0=New%20Business

パラメータの意味を詳しく見てみましょう。

  • & — URL 内の新しいパラメータを示します。URL 内に他のパラメータが存在しない場合は、& ではなく ? を使用します。
  • fv0fv は「検索条件値」を表すパラメータの名前です。0 は検索条件がレポートに表示される順序です。(最初の検索条件は 0、2 番目の検索条件は 1、3 番目の検索条件は 2、など。) 標準の検索条件は、すべてのレポートで最初の 3 つの検索条件として表示されますが、この順序にはカウントされず、URL パラメータを使用して絞り込むことができません。レポートの 5 番目の検索条件の値を設定するには、fv4 を指定します。ここでは、レポートの最初の項目検索条件である [種別] 検索条件で絞り込みます。

    Lightning Experience のレポート実行ページに検索条件が表示される順序は、必ずしも検索条件がレポートに表示される順序ではありません。実行ページでは、ロックされている検索条件はロックされていない検索条件の下にリストされますが、すべてのロックされていない検索条件の下になるとは限りません。レポート内の検索条件の順序を確認するには、レポートビルダーでの順序を参照します。または、/services/data/v39.0/analytics/reports/<レポート ID>/describe に対して GET コールを実行し、JSON 応答内の順序を確認します。

  • =新規ビジネス — [種別] 検索条件値が「新規ビジネス」であることを指定します。

    パラメータ値は URI エンコードする必要があります。つまり、特定の文字 (スペースなど) を URL が理解できる形式で記述する必要があります。たとえばスペース (「 」) を URI エンコードすると %20 になります。

検索条件値を使用した URL によって商談レポートに移動すると、検索条件が適用され、そのまま読める状態でレポートが開きます。

検索条件値の URL パラメータを使用したレポート
URL を介して検索条件を設定する場合は、次の制限事項に注意してください。
  • URL パラメータからの編集がサポートされているのは項目条件のみです。標準の検索条件 (ロール階層条件、範囲条件、日付条件)、クロス条件、行制限条件はサポートされていません。標準の検索条件、クロス条件、行制限条件は、検索条件をリストするときにカウントされません。fv0 は最初の項目条件です。
  • グラフ検索条件はサポートされていません。
  • 絞り込み演算子 (equalsgreater than など) は URL パラメータを介して変更できません。
  • URL パラメータを介して、絞り込まれる項目を変更することはできません。
  • 検索条件値 URL パラメータを使用して新しい検索条件をレポートに追加することはできません。既存の検索条件を変更することのみ可能です。
  • 検索条件値 URL パラメータを使用してレポートから検索条件を削除することはできません。空白値を設定すると、テキストまたは数値なしで絞り込まれますが、検索条件は削除されません。