改善されたエラーメッセージによる迅速なコンポーネントマークアップエラーの検索

特定の種類の Lightning コンポーネントマークアップエラーによって発生するランタイムエラーの説明と表示が改善されました。ユーザが発生したエラーを簡単に報告し、システム管理者がそれらのエラーを簡単に検索して修正できるようになりました。この変更は、デバッグモードが有効かどうかに関わらず、組織のすべてのユーザに適用されます。
1 枚の写真には 1,000 の言葉と同じ価値があると言いますが、これは 2 つの写真に相当します。
Spring '17 のエラーメッセージ 以前のリリース
Spring '17 のコンポーネントマークアップエラー 以前のリリースのコンポーネントマークアップエラー
メモ

メモ

新しいエラーパネルには [OK] ボタンがありません。パネルを閉じるには、右上の [X] をクリックします。

新しいエラーパネルは、Lightning Experience または Salesforce1 で関連するエラーが発生したときにのみ表示されます。エラーパネルの展開可能なスタック追跡はデスクトップおよびタブレットフォーム要素にのみ表示され、携帯電話には表示されません。

特定の種類のマークアップエラーのみが新しいエラー表示になります。コンポーネントコントローラまたはヘルパー JavaScript コードのエラーは、以前のエラー出力で表示されます。新しいエラー表示はカスタムコンポーネントのみに適用され、フレームワークで提供される標準コンポーネントには適用されません。たとえば、Lightning Experience および Salesforce1 外部の Lightning Out やスタンドアロンアプリケーションでは、エラー出力に以前は省略されていた詳細 (完全なスタック追跡など) が含まれる場合があります。