Sandbox の作成および更新後のスクリプトの実行

Sandbox 環境をビジネス対応にするために、データ操作またはビジネスロジックタスクを自動化します。

Sandbox 作成時に、タスクを実行する Apex クラスを 1 つ指定します。このクラスは、Sandbox がコピーされるたびに実行されます。Sandbox コピー後スクリプト仕様の Lightning インターフェース

SandboxPostCopy を実装しクラスを指定する Apex クラスをここで作成します。たとえば、次の Apex クラスは、SandboxPostCopy で使用できる 3 つのコンテキスト (組織 ID、Sandbox ID、Sandbox 名) をレポートします。
global class HelloWorld implements SandboxPostCopy {
  global void runApexClass(SandboxContext context) {
      System.debug('Hello Tester Pester ' + context.organizationId()
           + ' ' + context.sandboxId() + context.sandboxName());
    }
  }