重要な更新

このリリースに含まれている更新は、パフォーマンス、ロジック、Salesforce の使い勝手を向上するものですが、既存のカスタマイズが正しく機能しなくなる可能性もあります。

新しいリリースに円滑に移行できるように、それぞれの重要な更新には選択期間が用意されています。この選択期間は、[設定] の [重要な更新] ページに表示される自動有効化日付になると終了します。この期間中は、更新の有効化および無効化を必要に応じて手動で何度でも行って、組織への影響を評価し、更新によって影響を受けるカスタマイズを修正することができます。選択期間を過ぎると、更新は自動的に有効になります。詳細は、「重要な更新の概要」を参照してください。

Visualforce ドメインからの静的リソースの提供
この重要な更新により、Salesforce からの静的リソース (画像、JavaScript、CSS ファイルなど) の提供方法が変わります。静的リソースへの参照が破損しないようにするには、推奨されるベストプラクティスを確認します。
PageReference getContent() および getContentAsPDF() メソッドがコールアウトとして動作
この重要な更新により、PageReference メソッド getContent() および getContentAsPDF() に対して行われたコールの処理方法が変わり、コール側ページのトランザクションのセマンティックが改善されます。
拡張目標の設定
Work.com 目標を使用するすべての組織は、8 月 21 日 (金) に拡張目標に自動的にアップグレードされます。リリースの新機能が使用可能になった時点ですぐにアップグレードすることも、組織で独自の目標のカスタマイズを移行するために時間を掛けることも選択できます。