Salesforce Einstein: ケース分類、インサイトと取引先責任者のレポート、Pardot 行動スコアリング (正式リリース)

Einstein によりインサイトと取引先責任者の提案レポートが提供され、Einstein データインサイトではレポートからより詳しい情報を得ることができます。Einstein 活動キャプチャでの改善された同期、共有、総計値に加えて、ケース分類とさらにスマートになったボットにより、エージェントとシステム管理者の効率が向上します。予測ビルダーでは、モデルの各プレディクターの影響が示され、準備が整ったときに通知されます。

Einstein で業務を効率化する方法を次に示します。

セールス

Einstein 活動キャプチャ: 同期機能、拡張された共有、および改善された総計値によって次のレベルへ

取引先責任者と行動を同期します。Einstein 活動キャプチャを使用しない同僚と活動を共有します。活動総計値と改善された Activities ダッシュボードを使用して、活動に対する理解を深めることができます。また、Einstein メールインサイトと推奨コネクションをさらに活用できます。

Einstein インサイト: インサイトに基づくレポートの作成

取引先インサイトと商談インサイトに関連するレポートとダッシュボードを作成できるようになりました。たとえば、特定の取引先または商談に関するすべてのインサイトを表示するレポートを実行して、顧客についての理解を深めます。

Einstein 自動取引先責任者: 提案に基づくレポートの作成

取引先責任者の提案および取引先責任者の役割の提案に関連するレポートとダッシュボードを作成できます。たとえば、レポートを使用して、Einstein がどの提案を Salesforce のどの取引先に追加したかをすばやく参照できます。

より多くのユーザに商談スコアを提供

すべてのユーザが商談に優先度を付けて、商談成立数を増やせるようになりました。1 つ以上の Sales Cloud Einstein ライセンスがある場合、会社のすべての Salesforce ユーザに対して Einstein 商談スコアリングが有効になります。Sales Cloud Einstein ライセンスが割り当てられたユーザにはすべての商談でスコアが表示されますが、その他のユーザでは、スコアを表示する商談の数が制限されます。

より多くの場所に商談スコアを表示

商談の [最近参照したデータ] リストビューがテーブルとして表示される場合、そのリストビューに商談スコアが表示されるようになりました。このため、営業担当は商談の優先リストから数クリックで作業できます。

エンゲージメントアクティビティでのプロスペクトのスコアリング

プロスペクトにより多数のデータが生成されますが、その利用方法を把握するのは困難です。Einstein では Pardot プロスペクトのアクティビティが分析され、エンゲージメントの集計とグレーディングが行われるため、ビジネスにとって最も重要なプロスペクトに集中できます。プロスペクトレコードに [Einstein スコアリング] コンポーネントを配置して、有意義かつ詳細なインサイトを表示します。

サービス

Einstein ケース分類によるエージェントの時間の節約と精度および完了の改善

Einstein ケース分類を使用して、過去のデータに基づいて新規ケースの選択リストおよびチェックボックス項目の値を推奨または入力します。それらのおすすめを Lightning Experience および Saleseforce Classic のサービスコンソールのエージェントに表示します。Lightning Experience では、エージェントは関連レコードコンポーネントでおすすめを表示します。

ボットがどの程度顧客を理解しているかの評価

[モデル管理] ページには、ボットのインテントモデルの品質に関する総計値と個々のインテントの詳細が表示されます。この情報を使用してインテントを微調整し、ボットによる顧客の理解度を高めます。

顧客の入力の分類とフィードバックでボットをさらにスマートにする

顧客がチャットで入力した内容をボットがどのように分類するか確認し、各入力を承認するか、無視するか、適切なインテントに再分類します。このフィードバックプロセスはボットの学習に役立ち、時間が経つにつれてボットがスマートになります。

SMS テキストメッセージングチャネルでのボットの使用

ボットを作成したら、Live Agent チャットチャネルに加えて LiveMessage SMS テキストメッセージングチャネルにそのボットをリリースします。

ボットビルダーのチャネル設定を使用した簡単な Einstein ボットの設定

LiveAgent で使用するボットの設定時に混乱していますか? あなたは 1 人ではありません! チャネル設定がボットビルダーに移動されて合理化されました。

チャネルに依存しないボットの作成

Live Agent と SMS テキストメッセージングチャネルの両方でボットを使用する予定はありますか? その場合、チャネルに関係なくボットで顧客情報を収集する、新しいコンテキスト変数とシステム変数を確認してください。事前チャットフォームのルールアクションやカスタムコードは必要ありません。

改善されたボットのパフォーマンスダッシュボードの確認

パフォーマンスダッシュボードを日付とチャネル (チャット、メッセージング) で絞り込めるようになりました。ボットのパフォーマンスを理解する方法として、[上位の最終ダイアログ]、[エスカレーション成功]、[Einstein Intent 使用状況]、[インタラクション] が追加されました。

新しいボット用語の概要

自然言語処理をサポートするため、用語「発言」が導入され、「顧客の入力」と区別されています。

Analytics

Einstein データインサイトによるレポートからの詳細情報の取得 (正式リリース)

Einstein データインサイトはレポートが AI で拡張され、データに関する新しい有益なインサイトを取得するために役立ちます。

2 倍の行制限による分析可能なデータの増加

Einstein Discovery は、最大 2 千万行の Einstein Analytics データセットからストーリーを作成できます。

追加分析用のストーリーのエクスポート

データサイエンティストが各自の言語でモデルを分析およびカスタマイズできるように、ストーリーを R にエクスポートします。ストーリーを Quip にエクスポートし、チームのビジネスユーザと共有します。

Salesforce オブジェクトへの簡単なモデルのリリース

モデルと Salesforce オブジェクト間で項目を対応付けて、コードを記述せずに必要なおすすめと予測を取得できます。

カスタマイズ

Einstein 予測ビルダー: 改善されたスコアカード、通知、新しい設定フロー (正式リリース)

ベータプログラムが正常に完了し、Einstein 予測ビルダーが正式リリースされました。スコアカードの各プレディクターの影響についての詳細を確認してください。予測の準備ができたら通知を受け取ります。合理化された設定フローで予測をより効率的に構築します。

Einstein Next Best Action: 戦略を使用した提案アクションと提案 (正式リリース)

Einstein Next Best Action で適切なおすすめを、適切なタイミングで、適切なユーザに表示します。Salesforce の内部および外部のビジネスルール、予測モデル、データを統合し、すべての使用事例で一意の戦略を作成します。特定の条件下でのみ関連を持つ提案 (割引やアップグレードなど) はないでしょうか。または、サービスエージェントが顧客をサポートする方法が複数あり、最適なアクションにエージェントを誘導したいと考えていませんか。その場合は、Einstein Next Best Action の使用を検討してください。

推奨アクションと提案を生成するアクション戦略の構築

Strategy Builder を使用して、Lightning レコードページおよびコミュニティページに表示できるアクションと提案のストリームを作成します。Strategy Builder は、Einstein Next Best Action の戦略を作成するためのポイント & クリック自動化ツールです。Strategy Builder では、おすすめの並び替え、絞り込み、優先順位付けを行うことができます。