リリースノートの変更

リリースノートへの変更が新しい順に記載されています。

2015 年 1 月 14 日

モバイル: 外出先で実行できる Salesforce1 操作の増加
Spring '15 での Salesforce1 モバイルアプリケーションへの機能強化のすべてを説明するコンテンツが追加されました。
重要な更新「Visualforce ドメインからの静的リソースの提供」の有効化日の変更
元の有効化日が 2015 年から 2014 年 12 月 10 日に修正されました。機能上の変更はなく、リリースノートのテキストのみが変更されました。
組織に合わせたコーチングのカスタマイズ
非公開メモに関する制限は、ほとんどのユーザには該当しないため、削除されました。
Salesforce CTI Toolkit のサポートの終了
Salesforce CTI Toolkit のサポート終了に関する通知が追加されました。
作業を効率化するためのケースフィードでのマクロの使用
マクロを使用できるのは Service Cloud ライセンスのみであることを明確化するためにエディション情報が修正されました。

2015 年 1 月 7 日

カスタムの呼び出し可能アクション
Apex アクションの説明と呼び出しで、Apex クラスへのプロファイルアクセス権に従うことが明記されました。
新規および変更された Apex クラス
System.Test クラスの新しいメソッドと、新しい System.Continuation クラスに関する情報が追加されました。
お客様のご要望
Apex で配信された 2 つのアイデアへの IdeaExchange リンクが追加されました。
フィードへの顔文字の追加
顔文字の有効化に関する修正。顔文字をユーザが使用できるようにするには、Salesforce システム管理者が、[Chatter の設定] で顔文字を有効にする必要があります。
リリースノートの使いやすさの向上
再構成されたリリースノートに関するリリースノートが追加されました。

2014 年 12 月 22 日

マクロの共有
マクロの共有に関する情報がリリースノートに追加されました。